モビリティワイヤレスソリューション

東洋電装では、社会インフラ用無線LAN(5GHz帯無線アクセスシステム)を使用したモビリティワイヤレスソリューションで、様々な事業の情報インフラ構築をサポート致します。

当社のモビリティワイヤレスソリューションは、社会インフラ用無線LAN(5GHz帯無線アクセスシステム)で構築した無線インフラ環境下で、走行する車両に搭載することで、高速走行(100km/h)時にも安定した無線通信を確保することができます。

WAP-T1とWAP-A1
  • 快適な通信ルートを自動で判断
  • 高速走行(時速100km)時でも安定通信
  • AP間の切替はわずか600ミリ秒

活用シーン

現場とのリアルタイム情報共有に

業務車両と事務所間の情報共有に車載型アクセスポイントWAP-A1

仮設無線インフラ
として

可搬型アクセスポイントWAP-T1で仮設の無線ネットワークインフラを増設

現場との相互コミュニケーションに

現場と事務所だけでなく関連会社など複数の場所とも相互コミュニケーションを

移動中の業務車両への情報インフラとして

車載型アクセスポイントWAP-A1を利用し、走行中の社内でもスムーズに情報収集

監視・観測装置への
搭載

モジュール型アクセスポイントWAP-M1の活用で、WAP-A1が搭載できない小型装置にも実装可能に
社会インフラ用無線LAN(5GHz帯無線アクセスシステム)活用例:高速道路編 社会インフラ用無線LAN(5GHz帯無線アクセスシステム)活用例:鉄道関連編 社会インフラ用無線LAN(5GHz帯無線アクセスシステム)活用例:空港・航空編 社会インフラ用無線LAN(5GHz帯無線アクセスシステム)活用例:衛星関連編

全体構成図

関連製品

屋外用アクセスポイント
AP-7161-JP

屋外で4.9GHz帯のメッシュネットワークを構築する際に必要になるメインアクセスポイント。
2.4GHz帯を同時に利用可能。

車載型アクセスポイント
WAP-A1

4.9GHz/2.4GHzを同時に利用できる、移動体専用の無線アクセスポイント。
時速100kmの高速走行時まで安定した通信を実現

可搬型アクセスポイント
WAP-T1

4.9GHz/2.4GHzを同時に利用できる、可搬型の無線アクセスポイント。
一人でも簡単に移動・設置が可能な軽量設計。

モジュール型アクセスポイント
WAP-M1

スペースの限られた筐体に組み込むことができる、モジュール型の無線アクセスポイント。
組み込むことで4.9GHz帯でび直接通信が可能。